« 企画展 始まり始まり | トップページ | 良品再生会 »

小倉は雪だった

12日から小倉の富貴乃陶さんで、着物の悠々さんとご一緒の企画展が始まりました。

前日から入り準備をし、その日の夜は素晴らしいお食事をいただいたのでした。 

それは、ふぐ、ふぐ、ふぐぅ!

Fugu1_2

ふぐ刺しだって、こんなふうに一人に一皿出てくるのです。

Fugu2_2

ふぐ三昧の創作料理といった感じで、白子の紙包み焼き(写真)、白子豆腐、ふぐ茶碗蒸し、ふぐの握り、から揚げなど。 もちろんふぐちりもあり、しめのぞうすいまで、おいしくいただきました。 それと九州といえば焼酎。 こちらももれなくついてきました!


翌日の初日は、なんと雪が・・・

今年初めて見る雪が九州でというのはラッキーだったのかな。

Fuki1_3

正面に活けられた花。  外の雪と雪柳のコラボ。

そんなお天気にもかかわらず多くのお客様にお越しいただきました。

Fuki2_3

みなさん、ゆっくりとお着物をご覧になり、kocariの布も熱心にご覧くださり、オーナーの入れるおいしいコーヒーを、この立派なテーブルでいただいて、ゆったりと、とても楽しそうに過ごされていきます。

20年ギャラリーを続けているオーナーの魅力も大きいのだろうなーと実感。

ヒトとモノ、両方そろってなければ、長く続けていけないですものね。


今回ご一緒の悠々さんは、以前からの友達ということもあり、気楽に一日過ごさせていただきました。

Kimono1_2

Kimono2_2

悠々さんの着物の説明を聞いていると、とても勉強になります。 勉強になるけれど実践が伴わないのは困ったものですが。

私のまわりは、着物関係の方がこんなに多いのに、しかもkocariだって帯や下駄を作っているのに、私自身、どれだけ長い間、着物を着ていないか!

私の着物と帯が箪笥の中で泣いています。

でも近いうち、きっと着ると思います。 だってこんなに刺激を受けているのですから。

好きですよ、着物!

|

« 企画展 始まり始まり | トップページ | 良品再生会 »

企画展、展示会」カテゴリの記事

コメント

ぜひ、
きもの着てくださいね。
いつもと違う自分に出会えます(笑)
着てみることで世界が広がります。
私はkocariさんの一枚の布の世界に夢中です。
一枚の布から広がる創造、想像が大好きです。

投稿: ゆみこ | 2011年1月15日 (土) 09時01分

遠いところお疲れ様でした。

クオリティーの高さ
オリジナリティー
そして可愛らしさが
kocariさんの魅力です。
見れば見るほど引き込まれてしまいました。


投稿: ゆみこ | 2011年1月15日 (土) 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小倉は雪だった:

« 企画展 始まり始まり | トップページ | 良品再生会 »