« 愛すべき・・・ | トップページ | カンタ、カンタ、カンタ »

kocariの着物まわり

昨年から、着物まわりのものを作り始めました。

帯、そして下駄と半襟です。

今月10日から始まる「Style Japandia」に合わせて、がんばって用意しています。

といっても、今がんばっているのは、鼻緒をすげてくださっている職人さんです。

昨日、鼻緒ができたと連絡があり、なんとか間に合わせていただけそうです。

Ha3

これは、前回作ったカンタ鼻緒の下駄。 柄を片方だけに入れた水引タイプです。

今回は、この水引と両方に柄が入っているタイプを、桐白木、竹カラスヤキで作ります。

カンタは、私がデザイン画を描き、それをインドで刺して、次に日本の職人さんが鼻緒にし、下駄にすげる・・・  出来上がった下駄を見ると、とても愛しい気持ちになります。

あと、金、銀の木版で作った鼻緒もあります。

Ha4

こんな感じ・・・

桐白木と桐黒消しで作ります。

鼻緒だけでも用意しますので、お好きなサイズ、お好きな台で下駄をお作りしますよ。

ただし、数が少ないので、お早めにご覧くださいませ。

それと、半襟。

カンタはこんな柄とこんな柄。

Ha7ba

Ha7aa

 

他に全体柄のカンタや、木版のバリエーションなどいろいろありますので、どうぞ楽しみにしていてくださいね。

 

|

« 愛すべき・・・ | トップページ | カンタ、カンタ、カンタ »

kocariまわり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: kocariの着物まわり:

« 愛すべき・・・ | トップページ | カンタ、カンタ、カンタ »