« あの日の前と後 | トップページ | 春です »

みんな動いてます

ラオスの布を扱っていらっしゃるミアザさんから、
こんなお知らせがきました。

4月の「2週目ミアザ@TEORIYA」は、被災した方々が普段の生活に早く戻れるように
支援するチャリティー展にしました。
テキスタイル作家、工芸作家などの方々からご出展のご協力を頂き、展示即売し、
売上 の全額を「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」に寄付します。
これら運営のすべてもボランティアにより行います。
たくさんの方にお声をかけ、是非ご来店・ご協力をお願い致します。

        【2週目ミアザ@TEORIYA 】
      『東北関東大地震チャリティー展』
◆4月6日(水)~9(土) 12:00~19:00

◆場所:TEORIYA 東京都千代田区神田小川町2-8扇ビル2F
           TEL・FAX (03)3294-3903

◆出展者
下記の全26メンバー特別値段の全売上を寄付します。
Phaeng Mai GalleryとSekong handicraftsは、ラオスからの協力です。

・Phaeng Mai Gallery(ラオス染織)    ・工藤 いづみ(染織)
・Sekong handicrafts(ラオス工芸)     ・呼吸 -kokyuu-(染織)
・Sitara(民族伝統染織)                 ・小林 フク子(染織)
・TEORIYA (染織)                      ・酒井 邦芳(漆)
・アージュ(フェルト)                      ・原製糸(各種糸)
・アトリエ・トレビ(インド染織)           ・藤野 雅也(漆)
・インド染織研究会(インド染織)       ・ミアザ(ラオス工芸)
・池上 ゆづる(染織)                    ・明風館(ジュエリー)
・飯田 みちる(染織)                    ・ヤクランド(ブータン工芸)
・長部 紀美子(染織)                   ・吉田 恭子(テキスタイル)
・風見 靖子(テキスタイル)             ・米澤 ちょう子(染織)
・木村 素子(木彫)                      ・レガリート(アジアン雑貨)
・ラオス商店(ラオス茶)        ・SOW (テキスタイル) 
*発起人:多田米子、工藤いづみ、吉田 恭子、小林フク子、池上ゆづる、木村都

◆特別ワークショップ 
①「クッションにも使える防災頭巾をつくろー!」 (4階)
参加費全額を「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」に寄付します。
・ 6(水)or 7(木)13:00~14:00
・ 参加費:¥3000 (材料費込み)
・ 定員:10名
・ 講師:工藤いづみ(手織工房SOX主宰)

②「お茶しながらのラオス語」 (2階)
お茶を飲みながら実用的なラオス語に触れます。
・9(土) 11:00~12:00
・参加費:¥1500(資料込み)
・定員:8名
・講師:Anoulack Pholsena

③「繭から布シリーズ②繭から手引き糸を染める」(4階)
・8(金)or9(土)13:00~16:30
・参加費:¥5000 (材料費込み)
・定員:10名
・講師:工藤いづみ(手織工房SOX主宰)

◆お問合せ・予約:ミアザ (木村都)
03-3470-5333, all@miasa.biz,
http://miasa.biz/

http://homepage2.nifty.com/miasa/2nd-shop-top.html

___________________________________________________________________________________________

kocariも、4月15日からのギャラリー東花風での企画展は、
売り上げの一部を震災の義援金にいたします。

みんな、今自分にできることを、自分なりに考え動いています。

日本にいる友人からも、

インドの友人からも、

あたたかいメッセージが届きます。

前を見て進んでいくしかないんですよね。



 

|

« あの日の前と後 | トップページ | 春です »

伝言板」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みんな動いてます:

« あの日の前と後 | トップページ | 春です »