« LOVE アフリカ Part 2 | トップページ | 北の漁師から »

自由が丘でのお楽しみ

自由が丘で 定期的に通う場所といえば

ここ 岩立フォークテキスタイルミュージアムです。

三ヶ月ごとに展示が変わるので

なるべく全部見たい!と そのくらいのペースで訪れています。

今回は 「一枚布を纏う」

インドの装いも 今ではずいぶん多様化されていますが

元々は 一枚の布を纏う国です。

ヒンドゥー教では 縫製されない布が神聖な布とされていたようで

それでサリーの文化が根付いたのかもしれません。

サリーの種類 つまり布の種類は その地方により特徴があるので 

ものすごいことになってきます。

そしてサリーだけでなく 部族の巻きスカートや ルンギ、ドーティーなど

様々な一枚布の装いがあります。

今回の展示の中では 特に オリッサの部族の織物でのスカートに ぐっときました。


私が インドの布に興味を持つきっかけとなったのも

岩立さんの本との出会いからといっても 言いすぎではありません。

もうそれも20年ほど前のことですが・・・


なので 今 

岩立さんから いろいろな話を直接うかがえることを とても嬉しく思うのです。


いつまでも バイタリティーあふれる岩立さん。

私も がんばらないとなーと思うわけです。


自由が丘に来ると 足を延ばしてお気に入りのパン屋に行ってみたり

何かしら寄り道をするのですが

今回は こちらに行ってみました。


Kosou1

                      古桑庵  です


前から気になっていたのですが 

休日は いつも混みあっているようだったので なかなか寄れずにいました。

自由が丘とは思えない空間。

まるで 旅先で 一休みしているような錯覚に陥ります。

お庭を眺めながら 甘いものをいただきます。

Kosou2

Kosou3


今度は もっとゆっくり 

本を読んだり 書き物をしたりして過ごしたいと思ってしまいました。

 

|

« LOVE アフリカ Part 2 | トップページ | 北の漁師から »

お気に入り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自由が丘でのお楽しみ:

« LOVE アフリカ Part 2 | トップページ | 北の漁師から »