« 明日 福島へ | トップページ | 山へ »

郡山 「ギャラリー觀 」 展示会始まりました

昨日21日 無事 初日終了しました。

kocari 初めての福島での展示会。

ほっこりと 穏やかな気持ちで 一日過ごさせていただきました。

Kantop

郡山の駅前で 長くギャラリーを営まれていて

作家さんたちから 絶大なる信頼を得ている ギャラリー觀 さん。

二日間おじゃましていて それがどうしてかということを 肌で感じてきました。


Kan


                  ほんとうに あったかく 

                  居心地のよい ギャラリーです


kocari の明るさ インドの布の楽しさ をお届けしたいと思い

ウインドウは パーンと鮮やかにまとめてみました。

Kan1

  フルカリ刺繍を中心に

  カンタや ビーズ使いのバッグなど

秋に こういうポップな色もいいと思うのです。


                今回は バッグもたくさん用意しました

Kanbag

                カンタを中心に いろいろ並びます


秋ですから なんといっても メインはカンタです。

Kankantha1

Kankantha2

Kankantha3


初日いらしていただいたお客様たちは

次から次とカンタを広げ はおり 楽しんでいただいたご様子でした。


少しでも 楽しい風を運んで来れたのだったら

それだけでも うれしい。



ギャラリーの方や お客様たちから

今の福島での生活の様子をお聞きして

そこで生活する方々の 現実との向き合い方、強さ、たくましさを感じてきました。


もちろん福島県内でも 地域での差は ものすごくあると思います。

ただ 自分がここにいては絶対直接的に感じられない

生活に すべて密接に入り込んでいる様を あらためて実感してきました。

新聞やテレビやネットではなく 生のそこで暮らす人の声。

それはほんの一部の声かもしれないけれど

今回 私が出会った福島の方たちは

みんな それはそれは強く前向きでした。

現実を正面から受け止め その中で どのようにすべきか・・・と。


学ばせていただきました。

そして 心から応援したいと思いました。


郡山の駅前も これから壊していく大きなビルがいくつもあるようです。

元々古いビルは 震災のダメージで このままにしておいては危ないということで。

大きなビルが無くなることで 街の様子もまた変わるでしょう。

それが街を寂しくさせるのではなく

新しい街作りにつながるよう ますます盛り立てていく必要があるのだと思います。

そのためにがんばっている商店街のひとたち。

「商店ガイレンジャー」もそう!


ぜひ多くの方に 足を運んでいただきたいと思います。



ギャラリー觀

福島県郡山市駅前1-6-5  Tel 024-932-8756

10月1日(月)まで  9月25日(火)定休

|

« 明日 福島へ | トップページ | 山へ »

企画展、展示会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郡山 「ギャラリー觀 」 展示会始まりました:

« 明日 福島へ | トップページ | 山へ »