« さよなら日本の夏・・・ | トップページ | コルカタでの日々 »

2013年9月 インドデリーでの日々

デリーでの一週間が過ぎ コルカタへと移動。

毎回感じることだけれど インドでの時間は 日本での倍 濃縮されている感じ。

あっという間の一週間・・・ でも過ぎると もっといたような・・・

そんなふうにいつも思ってしまうのです。

De3

今回は 秋冬用のものをそろえることと

来春用の仕込みの両方がお仕事。

秋冬用は 頼んであるもののチェックと 追加で頼むもの。

さらに足で探し回るもの。

デリーでは 日々フルに動き回ったのでした。

De1
                       インドでの大切な足

 

 

この秋最初の展示会が10月にあるので

まずは そこでお披露目です。

でもでも ほんのちょっとだけ お見せしてしまおうかしら。


 

アンティークのカシミール刺繍を使って

ショールに仕立ててもらうよう 前回来た時に頼んでおいたのです。

 

Fa3


アンティークのカシミール刺繍のショールは手が出なくても

こうやってよみがえらせることで 普段使いの一枚になります。

 

 

そしてこれも同じくアンティーク。

フルカリ刺繍にオーバーダイしたものです。

昔のフルカリは 細幅の3枚を合わせ 広幅の一枚にするのですが

あえてそれをはずして 3枚の細幅にしてしまいました。

それにパイピングをしてショールに仕立てたのです。

Faph


こうすることで 身に着けやすいものになると思ったのです。

我ながら これは かなりいいアイディア!と自画自賛!

洋服にも着物にも合うショールになりました。

オトナの女性に さらりと纏ってもらいたい!


 

もちろん カンタは山盛り用意しました。

中でも お気に入りのものをちょっとだけ・・・

Fa1b_2

                                    この色の組み合わせ 絶妙なんです

Fa1a

     ほらほら どうですか?


                                    そしてこちらは ジャムダニにカンタ

Fa2a

                             ちょっと新鮮な感じ

Fa2b


頼んでおいた 手しごと「ぎゅっ」のバッグも 出来上がりました。

3a

あれもこれも・・・ ご覧いただきたいのですが

これから少しずつ ご紹介していきたい思います。


デリーでは ずーっとゆとりのない日々だったのですが

やっと最終日に 近所を ちょっとだけ散策。

こんな風景が ありましたよ。

De2


De5


De6
De8

       アイロン屋さん

 

De8a
                  今も 炭でやっているのですよ

 

ほんのちょっと歩くだけで

いつもの日本での日常とは まったく違う景色を見ることができます。

ここにいるのだから

濃い時間の感触があって当然なのかも。



De7



コルカタは デリーとは また違う空気感。

色 質感 すべて違う。

なので 生み出されるものも違ってくるわけね。


さてあと少し。

 

インドの色に染まってきた頃 帰ることになるというのが いつものことで・・・

その繰り返しを何度しているのだろう・・・

 

 

|

« さよなら日本の夏・・・ | トップページ | コルカタでの日々 »

インド滞在記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532545/58162940

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年9月 インドデリーでの日々:

« さよなら日本の夏・・・ | トップページ | コルカタでの日々 »