« インドのごはん | トップページ | 彼方の手 此方の手 vol.4 »

インドから帰ってきました

暑いデリーから 涼しい日本へ戻り

いつもの生活が また始まりました。
これから順次 インドから荷物が届く予定ですが
(届かないと困る!)
少しだけスペシャルなものを ご紹介いたしましょう。

Ph1blog

 古いフルカリ刺繍。

昔のものは 手紡ぎ手織りの細幅の綿に刺繍をして
それを3枚もしくは4枚接いで 大版にしています。

Ph1ablog

                 この色、刺繍、まさにフルカリ!

なのでオールドフルカリは すべて大きいサイズ。
今の生活に取り入れるとなると インテリア使いじゃないと難しい。
こんな素敵な刺繍 それだけじゃもったいない。
ふだん使いで身につけたいなぁ・・・
そう思い 接ぎをほどいて細幅に戻し 両端をパイピングして
ストールにすることにしました。
今回の秋の展示会に間に合わせるべく 仕上げてきましたよ。


Ph2ablog

                 こんなふうにカジュアルに 
                 くるくる巻いて使いたい・・・

Ph2blog

  ピーコックグリーン
  光の加減で いろいろな見え方が・・・


Ph3blog

                  このフルカリは とてもユニーク
 
                  この柄は どうも凧のよう・・・


説によれば まだ刺繍の技術としては未熟な 17-18歳くらいの女の子が
刺したものではないかと・・・
確かに 上の写真のものたちに比べると繊細さには欠けるのです。
でもこれが たまらなく味があって いいんですよ。
他にはぜったいないモチーフがちりばめられています。

Ph3ablog

       こんなのとか・・・


どうぞ実物を見に来てくださいね。
色も柄も魅力的で 状態もよく
もちろん美術品のような値段じゃなく
日常で使える古いフルカリに出会えることって
ほんとうに どんどん難しくなっているんです。
使いたいですよね ふつうに。



そして こちらも古いもの。
グドゥリ 刺し子です。

Gu1

              色の組み合わせの楽しさにわくわくします

Gu3

Gu4

ここのところ古いグドゥリでバッグを作っていますが
こちらはカットできない!
だって大きな面積で見てもらいたいので!
このままカバーや敷物で使っていただきたいものです。


これらのものたちは 9月26日ー29日の「彼方の手 此方の手」で
ご覧いただけます。
他のアイテムたちも 随時ご紹介していく予定です。




ついちょっと前まで あの暑いインドにいたのが嘘のよう・・・

インド最後の夜は 仕事の相棒でもあり友達のおうちで
ホームメイドごはん。
ベジタリアンでスパイスも少なめの やさしいお味のものを
いつも食べさせてくれます。
今回初だったのは こちら。

Swco

             ぶつぎりのとうもろこしが ごろごろ入ったカレー


手が汚れることなんか気にせず かぶりつきます。
おいしかったですよ~


Swlady

 オクラは 私が好きなのを知っていて
 用意してくれました

Swpa

                チーズ トマト ピーマン たまねぎ
                やさしい味です

Swpala

   じゃがいもが練りこんであるパン
   これもおいしい~



インドでは いつもいろいろな人のお世話になり
助けられながらやっています。
だからなんとかやれているんだなぁ・・・
そのインドの人たちへの感謝の気持ちは
私が日本で「インドの手」を紹介することで
表すしかないのかも。
そう 橋渡し人として。
それをできるだけ長く続けることで
インドへ 何かしら返していけるのかもしれない。
日本に戻り ふとそんなことを想う夏の終わり・・・

|

« インドのごはん | トップページ | 彼方の手 此方の手 vol.4 »

インド滞在記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532545/60239253

この記事へのトラックバック一覧です: インドから帰ってきました:

« インドのごはん | トップページ | 彼方の手 此方の手 vol.4 »