« 新潟へ | トップページ | 11月 ふたつの展示会の始まり »

11月のkocari

11月になりました。

つまり 今年も残すところ二ヶ月をきってしまったというわけです。
11月は 中盤から後半にかけて 三ヶ所で展示会があります。
ぎゅっとつまった半月になりそうです。

Kuria

まずは 12日から 金沢の「こうさく舎 くりくほ」さんで始まります。

私自身は伺わないのですが もう何度もkocariの展示会をやっていただいており
よーく理解していただいているので安心です。
オーナーご夫妻は ご主人が陶芸家 奥様がコサージュ作家です。
なので 手仕事に関しての愛情は もちろん深いのです。
ご主人の作る器も 奥様の作るコサージュも大好きな私としては
そこで kocariを長くご紹介していただいているというのは
とてもうれしいことです。
今回は いつも私がインドに行った際 購入しているオーガニック紅茶の販売もいたします。
きっと楽しい会になると思いますよ。
金沢近郊の方は ぜひお出かけください。

Kurib


そして ほぼ同時期 13日からは 東京でもあります。
成城学園にある 緑蔭館ギャラリーA館でおこなわれる 
三渓園での夏じたく展などでも ご一緒しているリムルさんとの二人展です。

Tutui2

多くのファンがいらっしゃるリムルさんのジュエリー。
古代の石やハンドメイドの金細工、銀細工と
インドの布のコラボレーションを お楽しみください。
会期中の在廊予定は 後日お知らせいたします。

Tutu1


そして 11月の最後 27日から29日の三日間は 
横浜 三渓園での「霜月 手の仕事展」です。

Shimotsuki

5月の「日本の夏じたく」展は長く続いていますが
秋 11月は 昨年初めて開催されました。
夏じたくとは また違うジャンルの手仕事も多く見ることができます。
初夏の美しい新緑の三渓園もよいですが
赤や黄色に色づいた三渓園の庭も きっと見ごたえあることでしょう。
ぜひゆっくりとお時間を取って お出かけくださいね。
今回は 初日27日が 13:00から16:30までの短い開催時間ですので
どうぞご注意ください。



こうやってお知らせしていると
本当に 今年も残り少ないのだわ・・・と思ってしまいます。
気をつけないと 秋があっという間に終わってしまいますね。
先日ちょっとだけ 秋を感じに出かけることができてよかったぁ。
そこで出会った秋の風景 少しおすそ分けいたします。
クリックして 大きな写真をお楽しみください。



Dscf5490blog

Dscf5499blog

Dscf5503blog

Dscf5509blog

Dscf5514blog

Dscf5494blog

Dscf5482blog

Dscf5485blog

Dscf5481blog

                     誰かの顔みたいな・・・


Dscf5487blog


このあたりは もう秋の終わりの景色・・・

Dscf5451blog

Dscf5467blog

Dscf5458blog



青い空
心地よい空気
変わり行く葉や木々の色
そういう中に ゆるりと身を置いての時間は
宝物のようでした。
そうしてエネルギー補充をしたからには
あと二ヶ月 いきますよー

|

« 新潟へ | トップページ | 11月 ふたつの展示会の始まり »

kocariまわり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月のkocari:

« 新潟へ | トップページ | 11月 ふたつの展示会の始まり »