« 2016年夏 インドより (コルカタ編) | トップページ | 彼方の手 此方の手 vol.6 準備中その2 »

彼方の手 此方の手 vol.6 準備中その1

展示会まで一週間をきってしまったというのに

ブログのアップが なかなかできないでいました。
まだまだ準備は終わりません。
もちろん前日まで・・・というのは いつものことです。
「彼方の手 此方の手」 今年で6回目です。

Dmshasin1blog

タイやベトナムで布作り 服作りをしている Og 小倉猛斗さんと
インドの手が作る布などを紹介している kocari の私。
ふたつのブランドによる企画 「彼方の手 此方の手」
彼方のクニの 彼方の手で作られたものを
此方の手に渡すことを生業としているふたりが立ち上げました。


Dmatena1blog


今回の会場は 表参道駅から程近い 蔦サロン。
古い一軒家で 前回までの会場「もくれんげ」同様
靴をぬいで ゆっくりご覧いただけます。

この展示会が kocariとしては この秋最初の展示会です。
秋冬に向けてお使いいただきたい
シルクやウールのものを中心にご覧いただきます。


ストール、ショールが中心ですが
今回は お部屋で使っていただく布たちも充実。
おって ご紹介したいと思います。
もちろん アクセサリーやバッグも いろいろ用意しておりますよ。


まずは ストール、ショールバリエーションから
少しずつご紹介しましょう。


DMで羽織っているのは カシミールの手刺繍のショール。
ペーパーマッシュエンブロイダリーと呼ばれる
私の大好きな刺繍です。

Db700pb1

Db700pb

Db700bl


でも この刺繍をする職人さんが 年々減って
なかなか枚数を用意することができません。
いつもすぐに嫁入りしていくので
大好きなのに 私の手元には残らないのですよ~
今回も申し訳ありませんが 少量ですので
どうぞお早めにご覧くださいね。


カシミールの刺繍は 他にも用意していますが
その中から大好きな一枚を。

Db701blog

なんとも夢心地な一枚。

細かな仕事 心くすぐる色合い。
そしてなんといっても この手触り!
どうぞお手にとってご覧くださいね。


カシミールのもので プレーンな無地のパシュミナ
ほんの少しだけ用意しています。
今回は 私が身につけたい色で染めてもらいました。

Db705

                ライムグリーンとターコイズブルー


手紡ぎ手織りの極上パシュミナで
こんなきれいな色というのは とても贅沢!
最高の風合いですよ。



刺繍、カンタ・・・
ちくちくものは もちろんたくさん用意しておりますが
ここのところ続けてご紹介しているのが バドラワークという刺繍。
このような金属のテープを使って刺していきます。

Img_0184


ウールのショールにバドラワーク

Dak65

Dak66a


シルクにも刺してもらいました

Dak70gs

Dak70ol1



たくさんあるカンタの中から 少しだけ・・・

Dm41a

               大柄のプリント 裏は無地
               そして細かい刺し子

Dm41b

Dm41c

             秋に こういう大胆な柄と色を纏うのもステキです


こんなニュアンスのある一枚も

Dm38_2

 裏にザリ(金属糸)が使われた織り
 表のカンタと異なった表情が魅力的です



ご覧いただいたのは ほんの一部ですが
どれも インドの手から生まれた特別な一枚です。
ぜひ会場で 実際にお手にとってご覧くださいね。
お待ちしております。



彼方の手 此方の手
Og + kocari
2016年9月14日(水)- 9月18日(日)
11:00-18:00 最終日16:00まで
会場  青山 蔦サロン
港区南青山5-11-20 TEL 03-3409-8645
人の手は 実によく動く。そして生み出す。
彼方のクニで 手が作り出したものたち。
それを運び 此方のクニで その結びをほどく。
そこから聞こえる 彼方からの声。
その声を届かせたいと思う。
此方の手に届かせたいと思う。

|

« 2016年夏 インドより (コルカタ編) | トップページ | 彼方の手 此方の手 vol.6 準備中その2 »

kocariまわり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彼方の手 此方の手 vol.6 準備中その1:

« 2016年夏 インドより (コルカタ編) | トップページ | 彼方の手 此方の手 vol.6 準備中その2 »