« インドより 2017夏その2 | トップページ | 彼方の手 此方の手 準備中その1 »

秋一番目は 「彼方の手 此方の手」

インドから戻り あっという間に9月になってしまいました。

今月は 秋最初の展示会 「彼方の手 此方の手」があります。
Ogさんと 2010年に始めたこの会。
2011年だけを除いて毎年開催し 今年は7回目になります。
今回は新たな場所で 新たな参加者を迎え 心機一転おこないたいと思っています。

Kocari2bog

「彼方の手・・・」は 
彼方の地(外の国)で 手から作られるものを扱っている私たちOgと kocariが
国は違うけれど 近い想いでそれをやっていて
ならば一緒にやることで 伝えられるものも 大きく濃くなるのではと
始めたわけです。
それによって 多くの仲間ができ 広がりもみせました。
もちろんこの間には みんなそれぞれいろいろなことがあり
歳も重ねての今です。
抱えていることは多々あれど 今年もまた会を催すことができるということに
まずは喜びを感じます。
初日の幕が開いて どれだけの方が来てくださるか・・・
それが毎回 ものすごい不安と緊張感で押しつぶされそうになるのですが
それまでは そんなことを考えている余裕もなく
とにかく お披露目するものたちの準備の日々です。
まだまだ これからインドより届くものもたくさんありますが
会期までに 少しずつご紹介できたらと思っています。


最初の写真は パシュミナに手刺繍のカシミールのショールです。
この風合い 刺繍の緻密さ 
ぜひお手に取ってご覧いただきたいと思います。

1bblog


今回 カシミールの刺繍ショールは とても充実していて
現代のもの 古いもの 両方をそろえています。

Kocari4blog

こちらは 1940年~50年代の古い刺繍を接いで
ショールに仕立てたものです。
バリエーションもそろえましたので お楽しみに。

2ablog


今回の会場は 私たちにとって初めての場所 上石神井です。
緑に囲まれた住宅街に佇む 敷地100坪 築60年の大きな古民家で
靴を脱いで ゆっくりとご覧いただけます。


また 今回新しい参加者としてお迎えするのは
アフリカのヨルバ族の布でバッグを作っている ヨルバ舎。 
布を持ち歩きたい。
そんな思いからバッグ作りをしているという
彼女の作りだすバッグもお楽しみに。

カフェ担当は おなじみヤスダ屋

彼方此方で出会った食材に手間をかけ 

ここでしか味わえないお食事とお飲み物を提供します。

会場は カフェスペースも充実していますので

ぜひその時間も組み込んでご予定くださいね。

土日は これまたおなじみ Samosa wala Timokeのサモサも届きますよ。



彼方の手 此方の手 vol.7
Og   kocari  +   ヨルバ舎
2017. 9/20(水) ― 9/24(日)
11:00 ― 19:00 (最終日 16:00まで)


Kanatablog


Kanata1blog

|

« インドより 2017夏その2 | トップページ | 彼方の手 此方の手 準備中その1 »

kocariまわり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋一番目は 「彼方の手 此方の手」:

« インドより 2017夏その2 | トップページ | 彼方の手 此方の手 準備中その1 »