« 2018 インドでの日々 そろそろ終盤 | トップページ | 2月のkocari »

2018 始まりは北国から

インドから戻って最初の展示会は

北国 札幌から始まります。
もう長くお世話になっているAger(アゲル)さんが引っ越しをされて
新しい場所で初めてさせていただきます。
札幌はちょうど雪まつり。
この時期の札幌は本当に久しぶりです。
寒さと雪と・・・ 冬の北海道を体感しに行ってきます。

Da370a

2月の札幌。

まだまだ寒い冬は続くので あったか素材もたくさん用意しますが
シーズン関係なくお使いいただけるシルクカンタは 
やはりご覧いただきたい!と思います。

写真のカンタショールは木版で染めを施し
その柄のまわりをすべて ちくちくと刺してあります。
図案がアイヌ刺繍の模様を思い浮かべ
これはぜひアゲルさんでご覧いただきたいと思い
インドから連れて帰りました。

Da370b

表裏ともにタッサーシルクで
軽く暖かいショールです。

Da370

着物にもいいですし
タペストリーとしてお部屋に掛けていただいてもステキです。


大判のこんなカンタショールも。
ザリ(金属糸)が入った織りと木版の組み合わせです。

Dm1

アゲルさんは お着物好きなお客様が多いので
ぜひ合わせてみていただきたいです。


あたたか素材も 春まで使っていただける
薄くてきれいな色をご用意しました。

Pashmina1

カシミールで 手紡ぎ手織りされたパシュミナストールは
赤 ピンク イエローと
明るくきれいな色目をオリジナルカラーで用意しました。
冬のアウターは どうしても暗い色になりがちなので
コートの首元に「色」がほしいですよね。

Pashmina

薄くて軽くて暖かい・・・ 

北国にはぴったりです。


薄手ウールのショールは
暖かいけれど 春色です。

R2

リバーシブルで両面違う色を楽しんでいただけます。

今の時期は首元に ぐるぐる巻いて
コートを脱ぐ季節になったら 軽くはおって使っていただきたいですね。

R1


札幌の方はもちろん 
道内の多くの方にご覧いただけるとうれしいです。
「kocari selection   インドの手仕事 染めと織りと刺繍」
2月6日(火)-2月24日(土) 札幌 Ager(アゲル)


そして会期が重なり東京では
2月16日(金)-22日(木)
新宿高島屋11階催会場で
キモノハイスタイルTOKYOがあり こちらにも参加させていただきます。
この キモノハイスタイルTOKYOは 今までいくつかの会場で開催してきましたが
今回初めて百貨店での開催となります。
おなじみ きものはちす、きものなかむら、和楽市、から着物と帯
布楽布楽源点の草履、鼻緒
そしてkocariのインドのショール となります。
お着物好きな方はもちろん そうでない方もショールがいろいろございますので
ぜひお出かけください。
kocariはパシュミナやウール、シルクカンタの他
ヴィンテージの刺繍ショールもご覧いただきます。

2a_4

連日 10:00~20:00まで
16日(金) 17日(土)は 20:30まで
最終日は 18:00までとなります。

|

« 2018 インドでの日々 そろそろ終盤 | トップページ | 2月のkocari »

kocariまわり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018 始まりは北国から:

« 2018 インドでの日々 そろそろ終盤 | トップページ | 2月のkocari »